1月 2018

2月3日は節分の日。節分は、日本酒で恵方呑みしよう

2018年 1月 22日|

平成30年2月3日は節分の日。 季節の変わり目である節分に、前の季節の厄払いと、次の季節に福がもたらされることを願って日本酒を飲む「恵方呑み」。福徳を司る神「歳徳神」が在する方角(恵方)に向かって事を行えば万事が吉と言われています。 みなさん、節分は、日本酒を片手に恵方を向き、願いごとを思いながら、新しい季節といっしょに福を招きましょう。平成30年の恵方は南南東です。 「恵方呑み」って何? 旧暦において年の変わり目であったこの季節に、旧年の厄を払い、新たな年に幸福がもたらされることを願って節分の行事は行われてきました。恵方は、陰陽道において福徳を司る神である歳徳神の在する方角を指し、その方角に向かって事を行えば万事吉とされると言われています。今日、節分に恵方巻きなど、恵方の方角に向かって新たな節の福を願う行事が行われています。この節分の日に、恵方の方角に向かって日本酒を呑みながら、新たな節の福を呼びこみ、願いを叶えてみよう、というのが「恵方呑み」です。 「恵方呑み」の作法 1.好きな銘柄の日本酒を用意する (もちろん大和のお酒で) 2.お気に入りの酒器に注ぐ 3.恵方の方角を向く(南南東の方向) 4.気持ちを落ち着け、願い事を思い浮かべる 5.日本酒をいただく(一気飲みはやめましょう) 節分は日本酒で恵方呑み

9月 2017

10月1日は日本酒の日

2017年 9月 16日|

10月1日は『日本酒の日』。 なぜ、10月1日が 日本酒の日なのでしょうか? 「酒」という漢字は「酉」とり に さんずい がついて「酒」となっています。「酉」は干支で10番目の動物です。この「酉」という漢字も、酒壺の形を表す象形文字から出来ています。また、10月は新米を収穫し酒蔵が日本酒造りを始める時期でもあることから古くから蔵元では、10月1日を酒造元旦として祝ってきました。 このように[10]に因んだ節目として大切な月であることから、昭和53年に日本酒造組合中央会が10月1日を『日本酒の日』と制定しました。 10月1日『日本酒の日』には全国一斉に日本酒で乾杯!!    

5月 2017

『父の日』に感謝をこめて

2017年 5月 23日|

6月18日(日)は 父の日 ですね。 なかなか普段は、何だか照れくさくて言えないけれど・・・ 1年に1日だけの1回くらいは、お父さんへ[ありがとう♡]の言葉とともにお酒の贈りものはいかがでしょうか? ぎゃらりー大和で販売しております。 純米酒 720ml   1,207 円 (税込) 純米酒 300ml    498円 (税込)  

4月 2017

佐賀駅からのバスの時刻表

2017年 4月 10日|

4月16日の蔵びらきに、佐賀駅バスセンターからバスをご利用をされる方は下記の時刻表をご参考ください。 尼寺のバス停より徒歩で約5分です。 ※ 佐賀市営バス 2番のりば 【30】尼寺・金立線(自動車試験場・免許センター)行き ※ 昭和バス 7番のりば 【19】古湯・北山線行き ※ 昭和バス 7番のりば 【20】中極・東山田線行き 【 】内の番号は行先番号です。 ♪ バスに乗って~~大和の蔵びらきへ出かけよう ♪ ご来場お待ちしております。

3月 2017

第2回 佐賀ん酒フェスin福岡

2017年 3月 22日|

営業部 田中です。 3月20日 『第2回 佐賀ん酒フェスin福岡』のイベントで福岡の天神モノリスへ行ってきました。 お天気はあいにくの雨模様でしたが多くの佐賀ん酒ファンの方にお越しいただきました。 ありがとうございました。 MC は福岡吉本のケン坊田中さんで音楽とお酒の融合~Music Bal~ で会場は大いに盛り上がりました。           蔵元のお酒を4タイプ(dry, rich, sweet, fresh) に分けてブースの設置をしましたがその中でも fresh タイプのお酒が人気でした。   純米吟醸 春の海 (生)もフレッシュコーナーに出展していました。「飲みやすくて美味しい♡」またラベルも「かわいい♡」と嬉しいお言葉をいただきました。     会場内に流れていた音楽が大音量だったのでお客様とゆっくりとお話ができなかったのが少し残念でしたが・・・ #佐賀ん酒サイコー !!  

ホワイトデーには・・・

2017年 3月 8日|

3月14日はホワイトデー ♡ 2017年度 女性への『ホワイトデーお返しされてうれしいランキング』で、アルコール類はベスト10に入っているのです。 意外にアルコール類を喜ばれる女性は多いのです。 そこで、ホワイトデーのお返しにおススメしたいのが今年できたばかりの新酒生酒「純米吟醸 春の海 生」です!このお酒は、生酒のため要冷蔵でお願いします。     「純米吟醸 春の海 生」は良質な酒米と脊振山系からの清冽な水を使用し、フレッシュで爽やかなうまみと、ふわりと咲く香りをそのまま封じ込めました。春限定の味わいを、ぜひお楽しみいただきたいです。 春の訪れの梅や菜の花、桜などを見ながら大切な人とおいしい料理に舌鼓を打つ、おいしいお酒はそれだけで気持ちを幸せにしてくれます。

2月 2017

大吟醸のしずく搾りを行いました

2017年 2月 21日|

本日、大吟醸の「しずく搾り」を行いました。   『しずく搾り』とは、醪をつめた布の袋をひもで捧に吊るし、自然に滴り落ちるしずくだけをタンクに集めて斗瓶で保存する方法です。蔵の中は、大吟醸の香りでいっぱいでした。

スーパーマーケット・トレードショー2017に「神崎菱焼酎」を出展しています

2017年 2月 16日|

2月15日~17日まで幕張メッセで開催しているスーパーマーケット・トレードショー2017に「神崎菱焼酎」を出展しています。   神崎菱焼酎とは 神埼市の特産品「和菱(わびし)」を贅沢に使った本格和菱焼酎(アルコール度数43度の原酒)です。 原酒ならではのヒシ独特の甘い香りと味わいをお楽しみください。 神埼菱焼酎は、佐賀県産原料を100%使用した品質の優れた製品として、「The SAGA 認定酒」に認定されました。 「和菱(わびし)」は年間の収穫量が非常に少なく、神埼菱焼酎の年間製造本数は約2,000本です。 製造本数が限られているため全国的に流通していない希少な焼酎です。 この機会にぜひ一度お試しください。   初日は本当に多くの方にお立ち寄りいただきまして、神崎菱焼酎をご紹介したり、試飲をしていただきました。   また、隣のブースでは、こちらも菱の実を原料とする「ひしぼうろ」が出展中です。 大和酒造の蔵開きにも毎年ご協力いただいている「ひしぼうろ」は、しっとりとした素朴な味わいで、一食の価値あり!   スーパーマーケット・トレードショー2017は明日、2月17日まで開催しています。 皆様のご来場をお待ちしております(佐賀県ブース内です)。